Profile/プロフィール

Profile/プロフィール

渡梓/WATARI AZUSA

渡梓/WATARI AZUSA

【Personal Date】

長野県出身。両親の影響で、幼少期から洋楽を聴き、6歳でピアノを始め、10歳でドラムを触る。
15歳でボーカルに転身。自ら作詞・作曲を手掛け、現在は都内を中心に活動。
ウェット&ノスタルジック・ボイスで紡ぐ、どこか懐かしく情緒豊かな歌詞とメロディーが世代を越え共感を呼ぶ。映画『カノン』の主題歌にも抜擢された「セピア」を含む1stアルバム『WATARI AZUSA』でメジャー・デビュー。感性豊かなボーカルが、年齢を問わず幅広い層から支持されている。
オリジナリティー溢れる独自の音楽は常に進化をつづけている。

【Profile】

  • 2011年/ミニアルバム「PRECIOUS」発売
  • 2012年/映画「婚活サポーターガールズ」挿入歌[曲: PRECIOUS]
  • 2014年/舞台「異人たちのラプソディ」エンディングソング[曲: Eternally]
  • 2014年/千葉テレビ「武藤塾」エンディングソング [曲:ほたるぼし]
    2014年9月〜10月毎週土曜23:30放送
  • 2014年/映画「egoism」エンディングソング [曲:Eternally]吉田大蔵監督
  • 2015年/映画「スケバンロッケンロールダイヤリーズ パートⅢ」 加藤文明監督
    エンディングソング [曲:JUNK FOOD LIFE]
  • 2016年/映画「カノン」(配給:KADOKAWA)雑賀俊郎監督 主題歌[曲:セピア]
  • 2016年/「渡 梓」デビューアルバム「WATARI AZUSA」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
  • 2016年/映画「カノン」主題歌「セピア」を含む全8曲 2016.10.05リリース予定